Artist "Ai" from Tokyo Bodypainting won the special prize in International Bodypainting Festival in Korea!

東京ボディペイント アーティストAi が世界大会で特別賞を受賞しました!


東京ボディペイント アーティスト  Ai

1985年、秋田県生まれ、上智大学卒。

3歳から絵を描きはじめ、数々のコンテストで受賞経験を持つ。

広告代理店の企画部に勤めながらボディペイントアーティストとして活動を開始。2012年からは乳がん患者の女性へのチャリティーとして、”自分へのご褒美~自信を取り戻すためのボディペイント(手術痕の上に描く)”を開始。それ以来、がん患者、妊婦さん、子どもたち、カップルのメモリアルフォトなど100人以上に描いた経験を持つ。

ボディペイントを始めてわずか3カ月後にはオーストリアで開かれたボディペイントの国際大会に唯一の日本人として出場を果たし、そこで海外のトップアーティストから手ほどきをうける。知識と技術を吸収して帰国。まだ日本にボディペインターが少ない時代から、実際に多くの人に描くなかで技術を磨き上げてきた。2017年には世界大会にて特別賞を受賞。

世界大会へ多数出場した経験から、現在は独立し「東京ボディペイント」を主宰。全身ペイントショーなどでプロとしてのデモンストレーションをする一方、「誰でも自分で楽しめるボディペイント」の開発と啓蒙のため、一般のお客さまに向けたワークショップを数多く主催。

英仏の語学力を活かし外国人向けイベントも主催している。

 

"がん患者や妊婦さんにペイントを施すなかで「癒される」「自信につながる」「幸せな気持ちになれる」と言っていただける事が多く、アートの持つ癒しの力を信じるようになりました。そして2016年には本格的にアートセラピーを習得。アーティストが描くだけでなく、誰もがボディペイントを通して楽しみ、癒されることをモットーにしています。日本人・外国人、お子さまから大人まで、わからないことがあったら、いつでもお尋ねくださいね!"



怒涛のハロウィン、そしてクリスマスシーズンへ‥

ご無沙汰しています;; ハロウィンからクリスマスシーズンへ、流れるように注文が入って、せっせと描いておりました。気が付いたら2カ月近くブログ放置という事態に((^^ゞ)

ハロウィンはやっぱり1年のうちでも繁忙期です。全身ペイントでも大規模・大人数な注文が増え、個人からのハロウィンメイク講座の依頼も増えます。最近は自分でペイントする子たちが増えてきましたね!良いことです。でも、日本のハロウィンメイクのレベルは世界に比べるとまだまだだなぁと感じます。フェイスペイント用の道具がまだ多く販売されていないので、仕方ありません。でも!!もともと器用な国民なので、もっと流行すれば、すぐにテクニックが身に着くと思いますよ^^日本の女の子のメイクテクニックやきめ細やかさって世界からも憧れですからね。フェイスペイントだってコツを覚えれば簡単なのですよ。ペイントテクニックのワークショップにご興味ある方はご連絡くださいね。

 

さてさて、ハロウィンとクリスマスシーズンで、仕上げた作品は数多くありますが、その中でも特に気合の入ったこちらをご紹介。仮装パーティーで人一倍目立ちたい!ということで全身ペイントをオーダーいただきました♡ 描くこと数時間‥モデルさんよく耐えてくれました!!!そしてそして、なんと仮装大会では優勝することができました~~~! ペインターにとって、これほど嬉しいことはありません。

 

全身ペイントに挑戦してみたい方、大変身して記念に残しましょう!

 

他にもた~くさん描いておりますが、全部は載せきれないので、フェイスブックやインスタからご覧ください♡

ハロウィン スカルのフェイスペイント

ハロウィンといえば、スカルのメイクですよね!前回は女性受けがよいメキシカン・スカルのメイクをご紹介しました。

いつも自分が描いているときは写真をとる暇がないわたしですが、今回はカメラマンのご厚意で撮影していただくことができました!

貴重なオフショット☆ メキシカンスカルに挑戦してみたい方は、ぜひご連絡くださいね!出張可能でございます_mm_

 

info@tokyobodypaint.com

川崎ハロウィン前夜☆ フェイスペイントサービス受付中

もうすぐハロウィンですね! 東京ボディペイントでは、ハロウィンのフェイスペイントサービスを受付中です☆ 

・川崎ハロウィンの前夜からペイントしたい

・ハロウィン当日にイベントで出張ペイントしてほしい

などなど、ご相談うけたまわります。

 

ちなみにこちらの写真はハロウィンの半分スカルをデザインしたものです~~♡ モデルさんがちょっと沢尻エリカみたいで(?!)ペイントが似合ってますね♪

 

スカルでも、花やレースを描きこんでロマンチックなデザインにしたものを、「メキシカンスカル」と言うんですって。

女性や女の子に人気がでそうなデザインですね!日本ではまだやっている人は少ないので、これから流行るといいな♪

 

出張ペイントの場合は、ご家族やお友達と一緒に申し込みされるとちょっとお安くなります。ぜひご連絡くださいね!

問い合わせタブもしくは、メール info@tokyobodypaint.com

Studio ペイント&撮影スタジオ

ボディペイント、特に全身ボディペイントを始めて、おのずと出来上がった副産物。それは自宅の撮影スタジオです!

やっぱりどんなに素敵なボディペイントでも、シャワーですぐ消えてしまうんですね。それが記念とかショーとして良い面もあるし、少し儚い部分もあります。

ですから、やっぱり描いたら写真にのこさなきゃ! 

ということですぐにカメラを購入。同時に勉強も始めました。

私の場合は毎回モデルさんを撮影しているので、実践の場もとても多く、加えてカメラの勉強会などにも通いつづけています。

おかげさまで、今では本格的に撮れる技術、照明や編集の知識が身に付き、カメラマンとしても活動しています。

 

いやぁーしかし・・・カメラって高いんですね!何年もかけて撮影グッズを買い続けることウン十万 (^^ゞ;   カメラ好きあるあるなんですが、やはりお金がかかります;; どんどん、新しいレンズが欲しくなるし、照明機器にもこだわりたくなるもんです。何百万単位なんてあっという間です。

 

ボディペイントをしている方の中には、「ペイント&撮影」と言っていらっしゃる方が最近増えてきました。

けれど、選ぶ場合にはその方の撮影経験を聞いてみてくださいね。

 

良い写真というのは、記録用に”写ればいい”というものではありません。

せっかく美しいペイントをしても、撮影が下手だと記念が台無しになってしまいます。

それだったら自分のiPhoneで撮ったほうが、よっぽどキレイに自動修正されます。

 

その方がどれだけカメラを勉強してきて、どれほど良い構図で撮れるか、どんな機材を使いこなせて、被写体にとって最適な照明をどのように選ぶことができるのか。そして、人・景色ふくめ、どのくらいの撮影経験があるかで、カメラマン代を支払っても撮ってもらう価値があるかどうか判断することをおすすめします。

それが判断できないのであれば、ヘタに”&撮影”とうたっているところに依頼するのは避けるべきです。

 

二度と同じものは描けないボディペイント。その、せっかくの記念撮影。人生に一度あるかどうかなんです。

東京ボディペイントは、カメラに対しても、高い技術を日々みがいていますし、常にそのくらい真剣な気持ちで取り組んでいます。

全身ボディペイント専門店、始めました!

ボディペイントって何でしょう?? 

 

ボディに専用の絵の具で絵を描いちゃうことです!メイクアップとは少し違います。

もともと絵が好きだったアーティストAiは独学でボディペイントを学びはじめました。
でも、日本はボディペイント業界でものすごく後進国。材料は無いし、イベントは無いし!!日本でボディペイントを職業にするなんて無理なのかなぁ~と一瞬へこんだものの、すぐに優秀なアーティストがわんさかいる海外の大会へ出場。はるか遠くのヨーロッパの地の世界大会で、日本人はわたしただ一人だけでした。楽しくて、怖くて、興奮しまくり!そしてせっかく来たんだからと、勇気をもって海外のトップアーティスト達に「教えてください!」と頭をさげると、手ほどきをうけることができたのです。 (英語話せてよかった♪)

 

それから7年。少しずつ活動の場を広げながら、日本に持ち帰った技術を実際にモデル経ちに描くなかで高めてきました。

 

 

近年、日本でも少しずつマタニティペイントや子どものフェイスペイントなんかも認知されるようになってきました。
業界がもりあがるのは嬉しい反面、自分にとってボディペイントとは?自分にしかできないこととは?を考えるようになりました。
正直、顔やお腹といった小さい範囲は、少し勉強した人なら、描けます。上手かどうかは別として、それなりになんとか描けちゃいます。


でも、全身は?

そうだ!全身専門のボディペイントアーティストになろう!

 

世界大会に何度も出場してきたわたしなら、それができる。実際に、最近は顔や部分ペイントだけではあきたらず、全身ばかり描いていましたから、名実ともに全身専門屋さんでいこう、という決断はとても自然なものでした。



とはいえ、サイトには昔の作品でマタニティとか部分ペイントとかたくさん掲載しちゃってますけどね;;

これからどんどん新作を発表していきますので、楽しみにしていてくださいね。

 

愛をこめて。

Ai